よくある質問

お客様より、よくいただく質問を記載いたしております。
しかしながら、初めての介護保険サービスについてはわからないことや心配な事が多いと思います。
当社では、介護保険サービスについてできるだけわかりやすくご説明し、皆様の心労を少しでも和らげることができるようスタッフ一同、誠心誠意対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

介護保険のサービスを受けるには、どのような手続きが必要ですか?

介護保険のサービスを利用するには、要介護認定を受ける必要があります。まずは、お住まいの市区町村の窓口で要介護認定の申請をしましょう。申請時に、介護保険被保険者証が必要です。 40歳から64歳までの方は、申請時に特定疾病の条件がありますので、お住まいの管轄福祉事務所の介護保険課もしくは福祉事務所介護サービス係へお問い合わせください。

介護保険のサービスを利用した場合の自己負担額は、いくらですか?

介護保険サービスを利用した場合の利用者自己負担は、原則として介護サービスにかかった費用の1割です。仮に1万円分のサービスを利用した場合に支払う費用は、1千円ということです。ただし、要介護度により利用可能なサービスの上限額が定められています。
限度額を超えてサービスを利用した場合は、超えた分が全額自己負担となります。

介護保険制度を利用した福祉用具レンタルや住宅改修はどのようにしたらいいのですか?

介護保険制度で福祉用具レンタルや住宅改修を行う場合、事前に介護認定が必要です。認定を受ける前のお客様の場合、弊社までお問合せいただければ、申請方法についてご説明いたします。お気軽にお問合せください。(TEL 086-242-5216)
また、用具の選定についても有資格者(福祉用具専門相談員9名在籍)がケアマネージャーと連携して行い、お客様に最適な福祉用具・住宅改修をアドバイスいたします。

家族に介護ができる人がいる場合でも、認定されるのですか?

ご家族の方が介護できるという理由で、要介護認定申請を却下されることはありません。ご利用者が、介護が必要な状態かどうかで要介護認定は行なわれます。l

住んでいる地域(市町村)によって介護保険料は違いますか?

第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料の基準額は,それぞれの市町村の高齢者人口や要介護者数、介護サービス量等を基に、3年間を通じて財政の均衡が保てるように算出しています。
そのため、要介護者の方が多くの介護サービスを利用することが見込まれる市町村では,その分だけ保険料の基準額も高くなりますが、逆に、要介護者の方があまり介護サービスを利用されないことが見込まれる市町村では、保険料の基準額も低くなります。
お住まいの地域の保険料については、市町村の担当課(介護保険課など)にお問合せください。

お知らせ

介護保険福祉用具貸与事業者
3370101556

株式会社ヤマサキ本店
福祉用具貸与事業所

Copyright© 株式会社ヤマサキ本店 福祉用具貸与事業所 All Rights Reserved.